FEATURED SPOTS IN SHIN-IMAMIYA

SPOT

金塚・山王・飛田の五つの龍神

寺社仏閣・史跡

金塚、山王、飛田には地域を守る、
五龍神がいたと言われている

その昔、金塚、山王、飛田には地域を守る、天龍、黒龍、白龍、銀龍、金龍の五龍神がいたと言われている。明治末頃まで、この辺りには大きな池があり、大蛇が住み着いて住民から「池の主」として崇められていた。池の周りに大蛇を守護神として、天龍、白龍、黒龍大神の三つの祠を建て、その信仰のおかげ大きな戦災にあうこともなく、大きな災いがないという。第二次世界大戦の空襲でも周囲は被害を受けたが、ここだけは奇跡的にそのままであった。 またこの周辺には、良水の湧く井戸や水脈が多くあり、明治から昭和初期に水神を祀り、「金塚、山王、飛田五龍神」と呼ばれるようになった。

天龍・白龍・黒龍

天龍大神は阿倍野区との境界ぎりぎりの西成区山王2丁目に鎮座され、鳥居の奥に社がある。1923(大正12)年6月15日の夜に畑傳右衛門の夢に天龍大神がでた事がきっかけで建設計画が始まった。しかしながら、関東大震災や大正天皇崩御、その後の世界恐慌の影響で計画は大幅に遅れ、本格的な建設は昭和10年頃から開始したという。建立から時を経て、しばらく放置されるままであったが、数年前に、買い物途中に道に迷った僧侶がその荒れ果てた姿を見かけて、放ってはおけないと社を修繕した。今は地元の人々によって守られている。 白龍大明神は、天龍大神の左手から新開筋商店街に入ってすぐの飛田会館の前庭に鎮座されている。 黒龍大神は山王1丁目に鎮座され、そこに朱塗りの鳥居をもつ祠がある。黒龍大神では今でも毎月18日に月例祭が行われ、地域の安寧が祈願されている。

銀龍・金龍

銀龍大神はあべのビアレの東側に鎮座されており、もともと銀龍大神の祠があった小山の土は、天王寺の用地埋め立てに使用された。金龍大神は金塚再開発にて収用地となり、現在は信貴山朝護孫子寺に戻っている。

このスポットを紹介しているコースはこちら!